阿弥陀寺は葬儀・法事・月参り・盆経・墓経などお参りさせて頂いてます。熊本市内・益城町・近郊エリアの方は遠慮なくご相談下さい。

2013年11月3日 香西克章師「声は元気のみなもと」

11月3日(文化の日)安田登先生の寺子屋、開催。
今回は、東京から音楽家で指揮者の香西克章先生とワークショップ。
講題
声は元気のみなもと
ーおなかの中から声を出せば力がみなぎるー
「日本の歌と西洋の歌」
東京から香西先生が指導される混声合唱団、「ララコルーソ」の10名の皆さまが駆けつけてくださる。

今回のテーマのひとつ
親鸞聖人の御和讚「宮商和して自然なり」を検証。
宮と商というとなりあう音が重なると不協和音になる。しかしそれが1組2組と重なると不協和音ではなくなることを10名の合唱団が実験。
その音を奏でる楽器は、雅楽の「笙」という笛。
また、安田先生より、「和」と「同」の違いのお話。
それぞれ違った音で奏でることを「和」日本的
同じ音で奏でることを「同」西洋的

香西先生、頭蓋骨の模型で「呼吸」が楽にできる仕組みを説明。
とってもわかり安い。

文庫本3冊程度の高さを枕にして、膝を立てて仰向けになる。
背骨が伸びるのだ。

身体の調整はおもしろい。教えてもらえば、ほんとに簡単な動作でできてしまう。
1日5分。

身体の調整が終われば、大きな声が出る。まず、乾杯。

そして、歌う。なぜか、炭鉱節。

歌い終われば、栄養補給、水分補給。

志方仁星君、高校3年生。サックス演奏。安田先生、ピアノ。

続いて、ピアノで「レットイットビー」。

香西先生が指導される混声合唱団、「ララコルーソ」。
RARA(ララ)=稀有な
KORUSO(コルーソ)=合唱(コーラス)

さすが、合唱団の中にジャズシンガー発見。BBBです。美女・美声・ブルージー。
香西先生、もともとトランペッター。安田先生、もともとピアニスト。いったいどうなってんだ、今夜は。

「ララコルーソ」のメンバー。皆さん、ご遠方からひとっ飛び。とっても魅力的な合唱団に合掌。

阿弥陀さん、びっくり、仰天。

グレゴリオ聖歌、ウイリアムバード、ブルックナー、そして能『隅田川』の大念仏。
そして、ここは浄土真宗のお寺。初めてお見えになられた女性のひとこと「えっ、そうなの」。

これが、魂の叫び。日本の歌と西洋の歌が融合して雄叫びとなる。

毎度の裏方、誠にありがとうございます。おもてなしの極みここに有。とっても美味しかったと評判の寺
金剛山阿弥陀寺←クリック

昼の部、夜の部、50人弱。おつかれさまでした。

阿弥陀寺の行事

阿弥陀寺の行事

九 月 法 語

阿 弥 陀 寺 の 記 事 一 覧

熊 本 の 天 気

Copyright © 真宗佛光寺派 金剛山 阿弥陀寺 All Rights Reserved.