阿弥陀寺は葬儀・法事・月参り・盆経・墓経などお参りさせて頂いてます。熊本市内・益城町・近郊エリアの方は遠慮なくご相談下さい。

阿弥陀寺の歴史

  • HOME »
  • 阿弥陀寺の歴史

阿弥陀寺全景

 阿弥陀寺は江戸時代後期、現在の島根県浜田市横山に創立された。 佐々木家(屋号・浅ヶ迫)の近くに阿弥陀堂として存続していたが無住であった。

 享保年間に全焼したが、焼け跡から出てきた仏像を受け継いだのが大谷洗十郎である。彼の発願により土地を寄進、金剛山阿弥陀寺としてお堂を建立した。  明治13年4月8日である。
 洗十郎は得度して、釋 洗心と名告り初代住職。

2代目は、釋 鉄流。佛光寺派でありながら大谷派の僧侶、清沢満之の「浩々洞」の精神に傾倒し生涯布教に心血を注いだ。

 3代目は、釋 義範はその後を継承し、昭和61年8月14日80歳で逝去。

本堂解体法要1本堂解体法要2

本堂解体法要3

 4代目、釋 義博は、昭和31年から入寺していた東京別院西徳寺(当時)の輪番を昭和47年から勤める。平成13年からは、本山佛光寺宗務総長に就任。12年間勤め、現在は東京西徳寺最高顧問

  坊守、釋慈節は平成22年1月1日95歳で逝去。

本堂解体法要3本堂解体法要4

 5代目、釋義文が在住している熊本県益城町で聞法活動を始める。平成23年4月8日、阿弥陀寺本堂建立に至った。                       

阿弥陀寺

本堂

納骨堂控室

七 月 法 語

阿 弥 陀 寺 の 記 事 一 覧

熊 本 の 天 気

Copyright © 真宗佛光寺派 金剛山 阿弥陀寺 All Rights Reserved.